ニュース

2021/08/17
TOPICS

「人生100年時代の學びプログラム」夏期懇談會を実施<8/7>

  • LINEで送る

 リカレント教育センターでは2021年4月に「人生100年時代の學びプログラム」を開講し、現在23名の履修生が同プログラムの一期生として甲南大學で學ばれていますが、前期授業期間を終えた感想や気づきを共有し、後期に向けた各自の學びを整理すること、懇談を通じて親睦を深めるきっかけづくりを目的として、夏期懇談會を実施しました。當日の懇談會には10名の履修生が參加され、まず前期授業期間終了後の感想や気づきをテーマに懇談を行い、次のようなコメントが出てきました。

 

?リカレント生として學びだしてから新聞の見方が変わってきた。
?自分の學生時代と比べて、いまの學生が真面目でビックリしている。
?20代の頃とは違って、今の方が経験もあり、色々なことに興味を持つことができていることに驚いている。また、自分が學生の時とは違った學ぶ喜びを感じている。
?コロナ禍で授業がオンラインとなり、Zoomの使い方も分からずオロオロしていたが、リカレント懇親會をきっかけに、リカレント生同士の橫のつながりができ、他の履修者の方が聲をかけてくれ助かったことがあった。
?學部生との共通項もないし、どう接點を持って良いか分からなかったが、共通教育センターの先生のフォローもあり、一度接點を持つと、學生がフレンドリーに話をしてくれて、非常に楽しく學ぶことができた。
?甲南大學の素晴らしい設備を使えて充実した學生生活を送れている。スタッフも丁寧で感謝している。
?自分の子供を大學に通わせ學費を支払ってきたことを考えると、リカレントの學費はリーズナブルで満足度は高い。
?10數年前から教員として自分自身の考えをまとめ発表するという教育をしてきて、今回、學部生と同じ授業を受けてみて、その教育を受けてきた子供たちがこのように育ってきたことが分かった。

 

 また、會の後半では、「履修生同士の交流アクティビティを企畫する會」「海外旅行や異文化交流での體験をシェアする會」「甲南大學のリカレント教育の今後について所長と語り合う會」の3つのグループに分かれて懇談を行いました。各グループにコーディネーター、リカレント教育センター所長がファシリテーターとして參加し、履修生の皆さんのご意見や考えが引き出され、大いに盛り上がりました。

 後期からは、いよいよリカレントワークショップが始まります。今日の懇談會が、皆さんの後期からの學びの弾みになれば幸いです。

 

■「リカレント教育センター」資料請求についてはコチラ

ニュースカテゴリ

PAGE TOP

长津湖电影完整版免费观看-长津湖战役电影全集观看