キャンパスライフ

キャンパスライフ

甲南大學學生生活支援方針

平成24年9月13日

「人生は長い長いマラソン競走である。この長い競走にたえることができる人をつくり上げるのが教育の目的である」。これは甲南學園の創立者平生釟三郎先生の言葉です。私たち甲南大學の教職員は、この言葉を心に刻み、甲南大學に學ぶ皆さんが、大學生活を通じて、長い人生を意義のあるものとして歩み抜く基盤、また、生涯を通じて、主體的に學び続ける姿勢を堅持する基盤を形成されることを願って教育に攜わっています。そもそも平生先生の一生が幾多の困難を一つひとつ克服していく人生でした。平生先生は、「どんな障害が橫たわっていようとも、屈せず道を進んで行かねばならぬ強い信念」をもって困難に向き合い、乗り越えていかれました。私たちは、皆さんが甲南大學で學ぶことを通じて、この信念を體得されることを強く希望します。

青年期である學生時代は、心身の変化も大きく、誰しも大人として自立していくための多くの課題に取り組まねばなりません。変動する現代社會にあっては、どこに向かっていけばよいかも定かではなく、中にはその課題の大きさに圧倒され、立ち止まってしまう人もいるでしょう。私たちは、そのような學生に、「君は一人ではない」と聲をかけたいのです。大學に學ぶ間という限られた期間であれ、私たちは皆さんの伴走者として、皆さんが前に向かって歩みを進める手伝いをしたいと考えています。

皆さんが大學生活を送る上で出會う困難には、心身の問題から経済的な問題まで、さまざまなものがあるでしょう。私たちの力には限りがあり、そのすべてを解決することはできないかもしれません。しかし、悩みを一人で抱え込まないで、身近な教職員に相談してほしいのです。 特に心身に個別の事情があり、學生生活に困難を抱えている場合には、プライバシーに配慮した上で、教職員と専門家が協力して必要な支援を行っていきます。

平生釟三郎先生の「共働互助」の精神が具現された場としての甲南大學は、學生と教職員の不斷の努力によって日々新たに作っていかなければなりません。これは私たち甲南大學に関係する者に與えられた使命です。學生の皆さんもこの?共働互助?の精神を自覚的に擔っていただきたいと切に期待します。

學生生活支援委員會

PAGE TOP

长津湖电影完整版免费观看-长津湖战役电影全集观看